FC2プロフ


.


最新記事


最新トラックバック


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ


RSSリンクの表示


最新記事


FC2掲示板


フリーエリア

&freearea

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人て・・・

初めに・・私は来年3月で60歳です
従って 20代に受けた教育とか体験は恐ろしく過去のものです

年月は早くやって来ます
あっという間の40年でした・・・


自分を回顧する年齢になったということです

前回 絵は個人的に描くものだということを
言いましたが 改めて 考えてみます

まず新人が美術を学習するには 先輩方の作品を模写することから
始めます そのための施設?が昔 ギルドであった?と思いました

いきなり絵を売れ・・とは無理な話なんです
どんなに絵が上手でもみな先輩の模写から入りますから
自分のスタイルがわかってないのです


人に評価されて初めて自身の技量がわかるんです
自分を正当に評価している新人が存在するなら
それはうぬぼれですから・・・笑

まず新人は絵を売らねばなりません
その手段は?先輩方の真似から始めるのではないでしょうか?


現代のように情報が発達した社会じゃありませんから

地域 地方 国 国境を越えて外国へ旅する商売人とかのクチコミなどで
評判が広まります

店舗が街道筋にあれば 商品は売れやすいでしょう・・・
しかし 旅行者が大量に絵を仕入れに来たとは 考えにくいですね?

私は推測します 

国内外の店舗に 版画を並べたと思うんです

前回デューラーの版画を例に出したのも
その意図があってのことです

父親が宝飾の専門家だったらしいんです・・記憶は薄れました・・・

何やらニードル(鉄筆)で銅板を掘り起こす仕事に関係していた?らしいんです


思春期の学問ですから 学校の先生の学問を
鵜呑みにしています


60歳位になってやっと自分の感性で考えることが出来た?んです

調べればいいけど そこまでするほど 評論家でもないし・・・笑

絵を売るためには 評判を気にしなくてはならない・・・


当時人々は 何を考えていたのか? 文学 音楽 哲学 政治

文化・・・様々な要素が絡み合い 人格が形成されます



国の歴史は 人の歴史です

人格を形成する歴史なんです

紀元初期 エジプト メソポタミア文明から ギリシャ ローマ時代を越えて
大人物が現れます みな その人に影響されました アレクサンダー シーザー 
ソクラテス ピタゴラス いろんな分野で傑出した人物が現れています


みんなの共通した話題なんです

何より・・ヨーロッパといえば キリストなんです・・・

彼のことみな知りたがりました

教会では文字で説法します 視覚的にビジョンが必要なんです

挿絵が生まれますね? 今で言うイラストです


専門家がいたでしょう・・・


初めに宗教画の様々な場面を描く画家が必要だったんです

しかもリアルに・・・


この技術を習得するのがギルドだったと思っています


恵まれた子供は英才教育?されて加入します デビューが早いですね?


皆が見てうまいと評価されたら 画題が評判になったら 売れるんです


そうやって成功してきた先輩方を真似るんです


そっくり真似するのではなく 工夫します


やはりいつの時代も人と同じでは売れないのです


自分で解釈したテーマを卓越した技術で描きます
するとそれが評判になり 社会に認知されるんです

絵は貴族 公族の目にも止まりました  権力誇示のため
利用されたんです


ルネサンスというのは 画家の成り上がりの舞台 イタリア ドイツ オランダ フランス
あたりで盛んでした 活躍した場所と年代は重要です 


戦争と政治に関係するからです

私は高校を卒業するまで世界史の授業を受けていました

だから美術史もすんなり頭に入ったのです
記憶力もありました が・・・今はまったくダメになりました・・・笑


なんか戦争があったんだろう?ぐらいにしか思い出せないんです


年代もおよそ何世紀頃?です


それで進めても良いという方だけにお話します笑


顧客を得るには 皆からうまいという
評価を得ます そのために 過去の売れた絵を踏襲?して描くんです

 それがアカデミックの始まりです 

近代の画家たちはアカデミックを嫌いました それは 絵を売るために
民衆や貴族に媚を売るからなんです

若い芸術家たちは その仕組みまで 生活まで理解してないんですね?
絵が売れなくなって初めてその重要性に気がつくんです

アカデミズムとは 広く社会に売るための技術であり考え方なんです
それをしないと画家になれないし 生きていけませんから

みな必死で描くんですね

命を賭けて描くんです

そこから自分との葛藤が生まれます  果たして自分の描きたい絵を
描いてるのか?と・・・

レンブラントの時代になると(16世紀?オランダ)伝記もあり
かなり分かって来ます 作品もありますから 画家の生涯を追えるんです

この人は 恵まれていました 早熟の画家だったんです
画家組合に入り評判を呼びます 裕福な環境で生活しました

結婚も2・3回していたようです

幸せな家庭や新妻を嬉しそうに描いてますから

やがて落日の晩年が来るんです 作品のスタイルは古くなり売れません

画家は借金します 売れないからもっと借金します

やがて行き詰まり家財 自宅を売り払うんです

でもさすが 画家です 作品を残しています 
自分のために描いたと思われる絵を何枚も・・・

それが 個人的な絵だと思うんです

アカデミズムや絵画の技法を無視して作品を残しているんです


明らかに売ることを放棄しています
個人のために描いたんです


だから奇妙に見えます しかし 画家の心情を理解すると

とんでもない飛躍があったりするんです



このことは私の推測です 調べたわけではありません
記憶が間違っていたらごめんなさい


私の 個人的な絵 の解釈です 
長々と 分かっている人には釈迦に説法でした

夢キャンバス舎として 一般の方に見ていただく商品として
個人的な絵画はありか?を考えてみます・・・笑



 

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-04 15:48 # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://kaoru13116.blog.fc2.com/tb.php/16-75a82f80

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。