FC2プロフ


.


最新記事


最新トラックバック


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
19875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵画
1517位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ


RSSリンクの表示


最新記事


FC2掲示板


フリーエリア

&freearea

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社名変更

今日 4月10日 会社名を 夢企画創造舎から
夢キャンバス舎に変更いたしました

なんとなく会社名が固かったこと 歌番組を見ていて
歌詞に夢キャンバスと唄っていたこと

タイトル名は分かりませんが 歌詞が私の心に響きました


みなさん 夢を持ち キャンバスに絵を描くように 希望を持たれ

実現に向かって生きていらっしゃいます


アートの世界では 考えの究極のあまり キャンバスを切り裂いた芸術家もいます

しかしそれは海外の話であって 日本では オリジナルの考えの元 そのようなことをした
画家はいません  昭和中期?に 何人かが組織的に論理集団を結成し その思考を展開 破壊行動に
出たことはあります しかし当時私は中学生 活動を知らずに絵を描いていました


その後私も前衛の洗礼を受けます が 心の奥まで心酔することはなく ルネサンスやフランドルの画集を
眺めては ため息をついていました


一見詩人ですが 実は 初めから ゴヤを見ていたのです 独特の暗い色調に明るいハイライト
悲惨なテーマの中に深い人間の世界を見ていました

巨人の絵でシュールレアリズムに目を向けます

エルンストやダリ ジャンコクトーらに出会います

私が幼い頃 実家にテレビがあり 白黒でしたが 昼間映画をやっていました
ワイドショーなどの後かと思います 私は 当時エノケンの喜劇やとんま天狗などみていました

大流行でしたね笑
まだ幼稚園に上がる直前ですが 画面にくぎ付けになりました
大きな目玉をナイフで切り裂くんです その強烈な印象は ずっと
トラウマになり 心の中に残っていました 
やがて高校を卒業する頃 それは ダリとコクトーの共同監督?シュールレアリズムの代表作
タイトルは忘れました(アンダルシアの犬?)・・ だったのです  ルイスブニュエルの表現(黒いオルフェ?)が後の映画スターゲイトの
オープニングでパロディとなって現れます 水の中をくぐってトンネルに入っていくシーンです

私が映画を見るのは 中学生の時 怪獣ブームで 正確には小学生でしたが ゴジラ ラドン モスラ 大魔神とか


でかいのが暴れる怪奇怪獣映画でした笑

ゴジラと同時放映に若大将シリーズがありました

加山雄三さんと船に惹かれました 中学生の時密かに好きだった女の子が
加山さんにベタ惚れだったのです  私はその船を授業で木版画にし
彼女の気を引こうとしました 当時 美術の先生に好きな絵を描いてごらん
と言われ 虹の7色を聞いたことがあります 赤燈黄緑青藍紫はその時覚えて
未だに心に焼き付いています テーブルにアイヌの彫刻(土産物)を配置して皿とか
コップを置いてあるだけの どうということない静物画ですが バックに 原色をたらして
滲ませ 不安な当時の心情を表現した絵は先生の目に留まったようでした
卒業式で席の後方を通って退場した時 美術の先生が 頑張りなさいよと励ましてくれたのです


だから 私はキャンバスは破らない・・・ 切り裂かない・・・無碍(むげ)にしませんよ

思い出があるんです 一枚の白い麻布に 一人の人間が無限の表現の可能性を信じて
生きているんです

人生があるんです 絵を描くことが意味あるんです
私は絵が好きでした それを 好きだったで終わらせてはいけないんです

誰かに分かって欲しい 人に見ていただく意味が分かりかけて来ました


その気持ちが表現するということなんです
つたない文章で終わらせたくありません

どうか私にみなさまの思い出を描かせてください 愛する人 
ペットと生きて来た日々をよみがえらせたい・・・どうか

ご注文ください どんな作品にするかは みなさまとの
話し合いで 構成していきましょう


下描きはもちろんご送付します お客様の納得行くスタイルで 表現で 私の持てる力を
すべてキャンバスに注ぎます ご相談のうえ 作品を決定しますから

どうかご安心ください 生きてきたこと 夢を持っていたこと 希望があったこと
表現します 私の絵を見て感じてください

人を後悔させるような絵は描きません
ご注文をお伺いします 私に少しの時間をください 必ず実現します

私は信頼の画家で居たいですから・・・笑


今日 会社名を変更するに当たって 感じたこと 抱負 夢
を書きました 夢で終わってはいけません 私に希望をください・・・

あなたも希望を捨てないでください・・・





スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。